HOME > 権利評価・製品調査・解析

権利評価・製品調査・解析

(1) 権利評価

先行技術や意見・補正の中間手続きの経過を参酌する一方、構成要件を柔軟に文言解釈し、権利範囲が可能な限り広くなるように、お客様の特許発明の技術的範囲を論理展開いたします。
侵害製品調査の第一歩となりますし、大変重要な作業ですので、権利評価方法や手数料等のお問い合わせは、当社の無料相談をご利用ください。

(2) 製品調査・解析

お客様の特許発明の権利評価を行なった後、実際に市場に出回っている他社製品を調査します。
また、調査した他社製品の部品や動作を解析して、一般にクレームチャートと呼ばれる特許構成要件と被疑製品の構成部品との対比表を作成します。
被疑製品の調査・解析も個別案件対応となり手数料は固定されておりませんので、当社の無料相談をご利用ください。


当社は弁護士法、弁理士法、行政書士法その他関係法令に違反する行為を行うものではなく、法令規定の専権事項は各有資格者が業務を処理いたします。

pagetop